スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓他の人のブログを見る↓


国内法人を検討して見た

アイフォはスプ広くてダメ、国内ローレバはレバが少ない
となると、残りの選択は国内業者の法人取引。
色んな法人があるので、アイネットに問いあわせ。

御社の法人取引に認められている法人は?
アイネットの答え:有限会社と株式会社のみです

ところが新会社法設立後は有限会社は設立できなくなっている。
つまり株式のみだ。

行ってきました司法書士のところへ。
一人株主の法人は可能
必要なもの:定款、法人の印鑑、出資金の証明書、印紙代
定款は雛形を配っているのでそれで作れる。
印鑑も問題ない。
出資金は借りる
印紙代だが・・・・

登記に15万
定款認証に4万
公証人へ5万2千
計24万2千円

更に法人・住民税が年7万
都道府県税で年5万
この二つは利益に関係なくかかる

利益に対しては年税率20%徴収

・・・・・、
万が一利益がでなければ借入分+税金
高い設立費用をかけて利益ベースに乗せられなかったらと思うとガクブルだ

その後法務局にも出向いて定款雛形と株式会社設立登記申請書を貰ってきた
結構ウエルカムな雰囲気で、設立サポートは無料で相談に乗ってくれる。
確定申告レベルの難易度で簡単に作れそうだ、
金さえあれば。

結論:法人化するなら個人年間ベースで勝ってから

当たり前か・・・

とりあえず年間費無料の楽天カードの自己アフェリあったのでバナー貼って作った
枠40万、1週間後に届くが・・・
スポンサーサイト


↓他の人のブログを見る↓


テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ご意見・ご感想はこちらから
諦めません、勝つまでは

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天カード
楽天銀行
JCBエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。