スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓他の人のブログを見る↓


多通貨トレード

久しぶりに手法を書きます。
これも自分では使ってない手法です、が、使ってる人は実際にいます。

「多通貨トレード」

各通貨はそれぞれ相関性があります、簡単な話クロス円ならドル円を参考にすると思います。
この「他の通貨を参考にする」の発展した形が多通貨トレードです。

例えばポンド円をLしたい時、
ポン円、ユロ円、ドル円、ポンドル、ユロドルが上、
ユロポンが下
この状態になれば初めてポン円をLします。
各クロス円通貨が上がっている=円が売られている、
ドルストレートも上=ドルが売られている
更にユーロとポンドの関係はポンドが強い

これだけ条件が揃えばポン円が上がらない訳が無い、まさに鉄板です。

今度はユロドルをSで見てみます
ポン円、ドル円は上
ポンドル、ユロドル、ユロポンは下
ユロ円は横ばい

この状態でユロドルSすれば鉄板です、理由は考えて見てください。

なぜこの鉄板サインを使わないかと言うと
1、サイン出現が少ない
2、複数モニタが無く、各国通貨を追いにくい
3、目が疲れる

もうね、目が疲れるんですよw、その癖出現率が低い、んで止めました。
EAを組める人はこれでいけると思います。
しかしこの状態なかなか維持できない、そこで一通貨ぐらい逆行ってても大丈夫だろ
いや4通貨あってればいけるんじゃない?とかだんだん妥協してしまうんですね、
人間だもの・・・。

でも日足レベルだったら目を酷使することなくチェックできるので、無料の宝くじだと思って
朝イチで多通貨確認する癖をつければ年に何回かサインがでると思います。
心の片隅にでも置いといてくださいませ。
スポンサーサイト


↓他の人のブログを見る↓


テーマ : FXオリジナル手法
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ご意見・ご感想はこちらから
諦めません、勝つまでは

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天カード
楽天銀行
JCBエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。