スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓他の人のブログを見る↓


印刷チャートでつもりトレード

最近始めたのがこれ、
チャートを印刷して、右側は隠して、仮想売買する
「データでバックテストすればいいじゃん!」
って人もいると思うが、実際のトレードは裁量が入るわけで
また、バックテストは複雑な手法をいちいち組むのが面倒なので
とりあえずここ3ヶ月分の日足ぐらいの確認なら紙の方が圧倒的に早い!

んで時間足で通用するのか、5分足で通用するのかとか検証する
どんどん考えて、次々検証する。

こうして現在9種類の手法が完成
ザラ場に対応するのはないので、あくまでトレンド発生に限る
ザラ場の定義としては9日線・26日線・52日線がいずれか平行する、
または実線が3本以上同レンジとして、様子見に回る。
この時はアラームを設定し、鳴るまで違う事をする。
見てるとポジりたくなるので注意だ。

貼り付けるのは週1~2回、この日はデイトレ。
他は低レバスイング。スイングは値幅大きくなるので、ストップも大きめ。
よって低レバ。
スポンサーサイト


↓他の人のブログを見る↓


テーマ : FX(小額投資)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ご意見・ご感想はこちらから
諦めません、勝つまでは

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天カード
楽天銀行
JCBエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。